ブログ

夏のディズニーの遊び方

まず前提としてディズニーリゾートには、なるべく平日にいく。休日は人が多すぎて体温と地面のアスファルトの温度がどんどん上昇してとんでもないことになっています。熱中症にならないよう注意しています。 携帯用の扇風機を首からぶら下げて行きます。今は水と一緒に風がだせるタイプのものを売っているのでかわいいし愛用しています。帽子もかぶります。もちろん日焼け止めもこまめに塗ります。めんどくさがらずに塗るのが効果的です。塩などが含まれているタブレットを持参します(コンビにで売っています)こまめに水分補給をします。長蛇の列、アトラクションはあきらめます。どうしてもの場合は夕方から夜にかけて楽しみます。 そして服装。冷感素材のインナーやアームカバー(クール系)出来るだけ肌の露出をなくすと日焼け対策にもなりますし、汗を見方にする事で快適さがあります。 ディズニーならではのTシャツはもちろん着用します。 2枚は暑いかもしれませんが、外気温が直にあたらないので熱くなりません。 速乾性の物なら、少し濡らすことで風があると冷たいと思えます。夏のイベントでレインコートを着用せず参加し、身体をひやせます。 見えない場所に冷えピタを貼ると体温が下がり、見た目も変化ないのでおすすめです。汗で剥がれやすいのが難点です。 団扇や扇子は風を送るのに必要ですが、疲れるのと、熱い風しか来ないので、電動の扇風機(ペン型や小型の持ち運べる物が各種発売されています)がBESTです。特に日陰や、アトラクション待ち、フードショップで涼しい風を存分に浴びてリフレッシュします。冷たいドリンクの冷気も利用できます。 ボディシートを使うのもおすすめです。自分の汗のにおいをとり、さっぱりできます。レディスもメンズも冷感シートが販売せれてます。荷物も小さいので増えないので、特にトイレの中でさっぱり拭いてほしいです。 昼間はなるべく屋内の施設を利用して混んでいるところは避けています。のんびりと昼間はレストランにはいってくつろいでいます。夏限定のアイス、カキ氷などがたまらなくおいしいです。夕方になってやっと行動開始しています。あとはディズニーランドで言うと5か所にクールスポットというなのミスと噴射をしているところがあるのでそこを利用します。かなり涼しいですよ。タオルを持参したほうがよいですね。結構濡れます。何より無理をしないのが一番です。 あと、個人的にお勧めしたいのは、事前の情報収集をしっかりしておくこと。 公式のディズニーブログや個人のディズニー系の情報ブログなどで、現在の情報をしっかりと理解しておくことが重要です。

Uncategorized

本来の自分に戻るきっかけをくれたミニーに感謝

身長の高さと、歯並びにコンプレックスがあり、 人前ではあまり心から笑う事ができないとこから、 周りからはミステリアスでクールな人というイメージを持たれていました。 本当は全然そんなことはなく、楽しければ笑うし、悲しければ泣く、 ごく普通のありふれた性格なのですが、周囲の期待を裏切るのも抵抗があり、 感情表現を抑える癖が身に付いていました。 就職や結婚を機にそれぞれ遠方に引っ越してしまい、 疎遠になっていた友人達と久しぶりに会う事になったのですが、 話しの流れで友人の中の一人が、ディズニーランドに行ったことが無いことが分かり、 せっかくなので行ってみようと言う事になりました。 実は絶叫マシン系やお化け屋敷系のものが大好きなんですよね。 でも、アトラクションでキャーキャー騒ぐのはイメージを壊してしまうのかなと思うと、 あまり騒いではいけないような気になってしまったんですよね。 本当は楽しくて仕方がないのに、クールを装ってそこそこ楽しんでいるフリをしていたのですが、 突然と背後から抱き着かれたので振り向いてみたら、そこに居たのはまさかのミニーマウスでした。 ミニーに抱き着かれたのでは、クールを装うなんて出来ません。 一気にテンションは上がってしまい、その後に乗ったアトラクションでは思う存分叫んできました。 ビッグサンダー・マウンテンでは動物たちや隠れミッキー探しに夢中になり、 スプラッシュ・マウンテンでは水しぶきを浴びてはしゃぎ、 スペース・マウンテンでは星空を楽しみながら重力に引っ張られてストレス発散、 やっぱり絶叫マシン系は楽しいですね。 そしてホーンデッド・マンションでは次々に現れる可愛いオバケを楽しみつつ、 時々突然と現れるオバケに悲鳴を上げ、隠れミッキーを見つけられずに悔しかった思いを語ってみたら、 友人達からは双子のきょうだいでも居るのかと聞かれてしまいました。 もちろんそれで友人達との仲が壊れる事もなく、今までのイメージでは誘い辛かったという、…